TOP屋久杉工芸品屋久杉の説明

大川家具
世界自然遺産 屋久杉

屋久島の概要

屋久島は鹿児島県佐多岬の南端から、海上60Kmにそびえる周囲132Km、面積504Km2の九州最高峰、宮之浦岳(1935m)を中心とする丸い形をした山岳島です。その重なり合う山々は海岸からそそり立ち、黒潮で運ばれてきた温暖多湿の海風がぶつかると、上昇気流となって多量の雨を降らせ「ひと月に35日雨が降る」とまでいわれています。また、海面から2,000mの高低差は、熱帯魚が泳ぐ海岸沿いの平地から北海道なみの山頂へと植物の垂直分布を見ることができ、この島独特の森林生態系を展開しています。
現在、世界自然遺産に登録されており、森林資源を次の世代に受け継ぐため、厳しい自然環境の保全がなされております。

屋久杉の概要

屋久杉は、屋久島の標高500mあたりから、1,700m近くまで生育している天然杉です。「屋久杉」という呼び名は屋久島に自生している杉の総称です。地元の人は、樹齢千年をこえる杉を「屋久杉」、これより若い杉を小杉と呼んでいます。
花崗岩の隆起によって誕生した屋久島は、巨大な岩の塊です。表土の少ない山で屋久杉は、岩の割れ目や砂礫に根をはわせています。保水力の無い岩石地帯は水を好む杉にとって適した環境とはいえません。しかし、屋久島の場合、雨として絶え間なく水が供給されています。屋久杉は、若木のときには密度の高い自然林で日照が不足し、高木になると激しい台風で多くの枝葉を失います。この様な厳しい条件できわめてゆっくり育ちます。つまり、成長の遅い屋久杉は年輪がつまっており、樹脂分が多く腐りにくいので長生きします。(普通の杉の6倍以上も樹脂分を含んでいる)
屋久杉の本格的な伐採は島津藩時代からで、当時は、山の中で割加工しやすい部分をとるため、2〜3m程のところからなたで切り、平木と呼ばれる板に加工して人が山奥から背負って搬出していました。樹脂分を多く含む屋久杉の平木は、腐りにくいということで屋根を葺く板や樽用の板として用いられていました。現在は、当時利用されなかった根株や放置された幹の部分が「土埋木」と称して衝立、応接台、飾り棚などに利用されています。山の中に200〜300年放置されても腐らずに残された材料は色艶が違い大変貴重な材料です。また、過酷な自然を、千年以上もの長い間耐え抜いた生命力は、屋久杉独特の年輪が深くきざまれており、笹目、虎杢、玉杢など独特の持ち味を醸し出しています。



 

屋久杉工芸品屋久杉工芸品へ戻る




11

大川家具販売店 天然木無垢一枚板のナチュラル福岡大川家具店匠和このページの先頭へもどる


無垢家具 手づくり家具 クラフト家具のこだわり 近藤家具の考える良い家具の基準は、素材が良質で厳選されたものを使っていることを第一の条件としています。今流行のスチールやプラスチック等の人工的なものではなく、家具の基本は木工品であり、木樹の温かみが伝わるような製品でなくてはならないと思います。その為には材料を少しでも厚く使っている物、棚板等にプリント素材が使っていないこと、又、体に優しい仕上げをしてあるかということに重点を置いて、頑固にこだわって選び抜いた無垢家具・クラフト家具製品を責任を持って販売しています。
ウォールナット・ナラ・ブラックチェリーなど何十年もかけて育った木には癒しのエネルギーがあると考えます。木が好きだからこそ使い捨てではなく代々使えるような製品を大切に使っていただきたき、自然の恵みのすばらしさを楽しんでいただける製品を紹介できるものと思っております。大川無垢家具のことなら近藤家具へお任せください。

>>>詳しくはこちらをCLICK



無垢家具 手づくり家具 クラフト家具商品頑丈で丈夫であることが永年の使用に耐えうる絶対条件です。いくら素材が良くてもすぐに壊れてしまうのでは意味がありません。丈夫な家具の昔ながらの技法は熟練した技がなしえるもので。大量生産の製品とは違い一本一本小さな工場で作った製品の方が作った人の顔が見えるものであり、安心して販売出来ます。
また、価格も製品の割には安く気軽にお求め安いものではなくてはならないと考えます。何十万・何百万もするような家具は、家の中では一般の方では使いづらいものです。家具は飾り物ではなく少々乱暴に扱ったとしてもびくともしないような気楽に使えるものだと考えます。傷がその家具の歴史として刻まれ、時がたつほどに愛着の増す風格のある無垢材家具・ 無垢家具・手作りクラフト家具を厳選しております。

大川近藤家具toutube動画
大川近藤家具toutube動画



大川家具販売店 天然木無垢一枚板のナチュラル大川家具 匠和昭和の香りただよう古賀政男記念館近 くにある、けやきの看板が現代的な小 さな家具屋です。 「いつも通るたびに気になって、今日 は入ってみようと思ってきました」と いう方が多く、自然素材にこだわったモダン和家具を専門的に展示販売しております。 日本一の家具産地大川市で25年もの間、本物の製品に頑固にこだわって取り扱っております関係から、お客様は遠方の方がほとんどで、他には無いものをはるばる探しに来られたこだわりの方ばかりです。
大川家具450年の歴史が育んできた伝統の技と技術を使って作成された作品は、モダンな中にも風格があり、店内は楽しい製品がぎっしりです。店頭販売を主体としておりますが、この度WEB SHOPを開設したことにより、全国の方々にも大川家具の素晴らしさを御紹介できたらと思っております。近藤家具共々WEB SHOP匠和を宜しくお願い申し上げます。

無垢家具の近藤家具

ウォールナット家具の専門店 近藤家具



店長です宜しくお願い致します近藤家具店員近藤家具のスタッフといっても従業員は一人もいません。店長の私「近藤哲也」とその妻の2人で運営しています。少々さみしいですが人数が少ない分、きめ細やかな対応とサービスが出来るものと思っております。お店で売れた家具は、私が配達も責任をもって設置まで致しますし、このホームページも私が全て企画・作成しています。小さい家具屋ですが、大きなお店には製品のこだわりは絶対に負けていないと思っています。全て自分でやります・・・・・、自分の考えや求めているものが納得のいくまで実行できるからです。大自然の恵みを製品で表現した心温まる製品を取り扱っていきたいと心がけています。

近藤家具 近藤哲也

  店長 近藤哲也ブログ 
  店長ブログ

  近藤哲也
  近藤哲也フェイスブックページ

【家具産地大川市 無垢材家具・無垢家具の近藤家具を宜しくお願いします】

ウォールナットの家具専門店 近藤家具

無垢材家具 無垢家具 手づくりクラフト家具このページの先頭へもどる

 

 

 



 

ウォールナットの家具専門店 近藤家具

 

 

 

Copyright(C)2008-2017  家具産地大川市 自然素材無垢家具 近藤家具  All Rights Reserved.